続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 危険な徴候

<<   作成日時 : 2006/04/28 01:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長くゲームをやってきて、今になって気になることがあります。それはゲーマーの高年齢化です。

僕が記憶する限りでは、メスト大会やいわゆる公式大会などが流行していた頃は、高校生から大学生にかけての世代が多く参加していました。また、中学生くらいのプレイヤーが活躍することもしばしばありました。中高生(そして大学生)が学校帰りにゲーセンに行くことの延長に大会があるという印象です。

それがどうもゲームによっては30代、40代のプレイヤーも出現しているようです(3Dに多いんだとか)。平日の昼間にゲーセンを覗くとたまに見かけますから、上位にいてもおかしくありません。2D(主にカプゲー)でも、そういう傾向がでてきています。20代後半のプレイヤーの日記を見たら、平然と「今日も一日中ゲームをした」などと書いてあったりすることなどからも確認できます。闘劇魂なんて雑誌にも色々とそういう例が出ています。

傍からはハードなゲーマーだけが小島に取り残されてるようにも見えてしまいます。ゲームを真剣にやりこむということの裏には、こういうリスクがあります。「これから本気でやり込んで、来年の闘劇で優勝するぞ!」みたいに意気込んでる若い人は考え直して下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
危険な徴候 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる