続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲーム脳についての個人的意見

<<   作成日時 : 2006/04/17 01:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゲーム脳って言葉が昔、ブームになりました。今も似たようなことがよく語られます。ゲーマー的には「なんだよ嘘くせぇ」って思いそうなことなんですが、僕は違います。発達がどうこうの方のゲーム脳ではなくて、ゲームが全てに優先しちゃう脳は必ずあると思います(科学的な根拠はないですよ!)。

というのも、このゲーム脳状態になることが上達のためにはまず必須なんです。上級者と呼ばれたことのある人なら誰しも、そういう状態になったことがあります。格ゲーが世の中で一番に素晴らしくて、完璧に立ち回って勝つことが最高に思えたり、特殊なコンボがあたかも絵画などの芸術作品と同等以上に見えたり、といった経験はきっとあるんじゃないでしょうか。

でも、これはやっぱりおかしいですよね。何かがおかしいって気付かないと駄目です。「格ゲーはプロ野球のようなものだ」という言葉に対してうんうんと頷く人でも、「プロ野球は格ゲーのようなものだ」に対しては、「バカじゃないの?」って思いますよね。喩えってのは往々にして、理解を助ける働きがある大事なものではありますけれど、本来、格ゲーとプロ野球の共通点なんて「勝負である」、「駆け引きがある」くらいで他も大体、かなり表面的な次元でしかありません。ゲーム脳の状態になってるとそのことに気付けないというわけです。

大会がオリンピックやワールドカップのように思えたり、有名プレイヤーが歴史上の偉人達より本当に凄いと錯覚してたら要注意です。大学進学などで余裕ができてゲームの世界で突っ走ろうと思う人もいるでしょうけど、これだけは気をつけて下さい。

僕は、「ゲームはやっぱりゲーム」、「所詮はゲーム」ってちょっと自虐しながら対戦してる人の方がいいですね。いわゆるユーモアというものです。


以上です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲーム脳についての個人的意見 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる