続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 格ゲーについての恥ずかしい話

<<   作成日時 : 2006/05/05 02:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

近頃はゲーセンを見ても、格ゲーを全面にアピールしているものは少数です。それどころか、そんなのはほとんどありません(昔からそうだと言えばそうではありますが)。

どこのゲーセンでもプライズと大型筐体、カードを含めた通信機能を装備したゲームに力を入れています。それは1Fを見ればわかります。いわばゲーセンの顔ですからね。これらは利率がとてもよく、広告効果も持っています。実際、ゲーセンの収益のほとんどはここから生まれています。

対して格ゲー(主にカプコンの2D格闘)はどうかというと、大抵はゲーセンの中でも奥のほうの、あまり人目には付かない場所にあります。複数階建ての場合では、地下か上のほうのフロアです。飲食業が2F以上では不利であるように、格ゲーでもって集客しようという意図がほとんどないことがよくわかります(当たり前ながら、格闘ゲーマーは奥にしまっておきたいんでしょうね)。大体、どんなに回転するものでも1時間に20クレ(1000円)しか入らず、一日中フル回転することなどあり得ません。下手したら自販機の方がずっと儲かるなんてこともありえます。つまり、あってもなくても大差ない存在ということです。そんなスペースがあったら、儲かるものをどんどん入れればいいんですから。ゲーマーはそんな状況のなかで座らせてもらってるだけということです。

ゲームをやりこんでいると、こういう単純なこともわからなくなります。僕なんかも「今日は幾ら使って(使わせて)ゲーセンに貢献したぜ」とかアホなことを思ったことがありました。今になってみると恥ずかしい話です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
格ゲー止めて一週間ぶりに、200円ほど使い、遊びました。以前よりも、楽しめた気がしました。前は、楽しめないのに止められない状態でしたから(笑)。また、一週間自粛しようと思います。
taichi
2006/05/06 07:53
僕もなんだかんだで時々はやっていますが、毎日毎日やってるときって凄いストレスもあるんですよね。
エキタイ
2006/05/06 08:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
格ゲーについての恥ずかしい話 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる