続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 時間とお金に関しての雑記

<<   作成日時 : 2006/05/28 02:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

最近、こんなコピペを見かけました。かなり真理をついていると思います。

一年の価値が知りたければ、留年した学生に聞きなさい。
一ヶ月の価値が知りたければ、未熟児を生んだ母に聞きなさい。
一週間の価値が知りたければ、週刊誌の編集者に聞きなさい。
一時間の価値が知りたければ、会うのを待ちわびている恋人達に聞きなさい。
一分の価値が知りたければ、電車に乗り損ねた人に聞きなさい。
一秒の価値が知りたければ、危うく事故をまぬがれた人に聞きなさい。
千分の一秒の価値が知りたければ、オリンピックで銀メダルに終った人に聞きなさい。

自己啓発本にでてきそうな内容で、バリエーションがあります。留年した学生のかわりに、癌宣告を受けた人とかそんなのでしたっけね。個人的には癌の方がいいように思います。何より、自分の身の回りにいましたから。留年ってのはどうも何留もダラダラと繰り返してるダメ人間ってイメージが強いです(理系と違って、文系で複数回の留年ってのは普通にやってたらありえません)。ま、お偉いさんの言葉だそうで、さすがに人生の大先輩が言うこととなると、重みが違います。

で、当然こんな感じのものも作れます。「60分の1秒の価値が知りたければ、格闘ゲーマーに聞け」。闘劇覇者などに置き換えてもいいでしょうかね。しかし、聞いたって仕方ありません。「その積み重ねで何年浪費したよ」くらいのことしかでてきません。

ところで、お金に関して1つ発見しました。50円玉ってゲームしないとあんまり使い道がないんですよね。かなり邪魔です。財布の中に残っている硬貨をふと見ると50円玉ということがよくありました。無意識に残している可能性もありますが、10円、100円、500円、1000円と比べると普通に生活してて使う機会は大分少ないと思います。僕の友人には、かつて、50円玉専用のケースを持ち歩いてたなんて人もいますが、奇行としか言えません。

そういえば、こんなエピソードもありました。現在進行形でゲームをしてる人と話をしたときのことです。「200円のコーヒーより4クレジットの方がずっといい」という趣旨のことを言われたのです。確かに、それだけで1時間ちょっと座ってられるわけですが、僕にとっては前者の方が当然価値があります(ちなみに、ゲームしてるときはゲームに集中するためにコーヒーを飲むとか異常行動を取ってました)。カフェインは適度に覚醒させてくれますし、コーヒーの香りにもリラックス効果があって、読書や文書作成にはもってこいです。色々とアイディアが浮かんできます。誰かと対話することもできます。対して、格ゲーのプレイ中、プレイ後はどうかというと、全然そんなことないんです。これは割と誰にでも共通していることでしょう。快・不快の波が終わったら急に脳が萎縮したかのような感じがします。脳波形やMRIで測っても、恐らく、これをフォローする結果が出るはずです。「選んだ」つもりになっていても、脳細胞はそれが「逃げ」だということを必ず知っています。

なんとなくお金を握り締めてゲーセンに行ってしまう方は、ブックオフで100円の文庫(あとがきを覗いて面白そうと思えるものがいい)を買って、喫茶店で200円のコーヒーを頼んで、音楽か周りの会話でも時々気にかけながら読書してみましょう。暇つぶしだったら絶対にこっちがいいですよ。特に大学進学直後で何に時間を使ったらいいか分からない方などにオススメです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
そろそろ自分でも気付いてきたようですが
あなたの話は原点から重大な過ちを犯しています
ゲーム脳学者と同じですね
よく読んでませんが赤頭巾の人とも同じだと思います
気を落とさず昇華してください
k1
2006/05/28 07:23
>k1さん
わざわざありがとうございます。あまり僕のことを知らない方も楽しめるようにこれからは工夫していきますね。
エキタイ
2006/05/28 13:54
>k1さん
読まれてないそうので一応つけ加えておきますが、赤頭巾事件簿に書いてあるのは、犯罪と紙一重の行為の数々です。こちらは実際に危害を加えられましたし、もしかすると取り返しの付かないことになっていた恐れさえあります。同じだと思われると極めて遺憾です。しかし、近い要素が自分にあることは認めますよ(程度が異なるにせよ)。
エキタイ
2006/05/28 14:19
なんだか急展開の予感がするのでもう書きます
その赤頭巾さんはゲームをやっていたからおかしくなってしまったのですか?
それを考えればわかると思います
ちなみに死体蹴りのあるゲームは未経験なのでわかりませんが
挑発は明らかに舐めてるなら殴るくらい当然だと思います
ちょっと喧嘩したくらいで騒がれる方がよくわかりません
k1
2006/05/28 21:20
>k1さん
急展開は別にないですよ。結局予想通りのところに行くと思います。

僕があれで言いたかったのは違いますよ。ただ単にゲームをやってそういう人と関わりを持つことはマイナスでしかなく、シャレにもならないということだけです。彼の生い立ちなんかには全く興味ありませんし、何も述べてません。

挑発に関してもひっかかりますね。適当なプレイや相手を処理するだけの作業の方がよほど舐めてますよ。挑発は相手を人間とみなしてリアクションを期待した行動ですが、こちらはCPU戦と一緒の扱いですしね。ただ、僕は別に挑発とかしませんよ。傍から見てて変だなってだけです(もっと舐められてるときは黙ってるのになぜか挑発にだけ反応するのが変だってことです)。

ちょっと喧嘩したくらい、ってのも僕と相容れないようですね。ゲーセンで喧嘩することが当たり前という環境にいたことがないですから。喧嘩することのリスクが分からないのではないですか?
エキタイ
2006/05/28 22:10
液体さんのブログは匿名の書き込みも許されるみたいなので私も匿名で失礼します。

はっきり言って、液体さんの言ってることは終始半信半疑でした。しかし、K1さんの書き込みを見て、ゲーマーという人種がいかにやばい人たちであるかが分かりました。少なくともこんなふうにはなりたくないですね。
匿名希望
2006/05/29 00:17
>匿名希望さん
ニックネームの類は匿名と何ら差がありませんからね。記載して頂かなくても構いません。

k1さんはきっと敢えてこのようなキャラクターを演じてらっしゃるのだと思います。匿名希望さんもそうかもしれませんが、もし本気で受け取られているのだとしたら、そこだけは注意されることを勧めます。
エキタイ
2006/05/29 01:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
時間とお金に関しての雑記 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる