続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 準ひきこもり

<<   作成日時 : 2006/05/06 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

http://www.tuins.ac.jp/jm/library/kiyou/2006kokusai-PDF/higuchi2.pdf
http://www.tuins.ac.jp/jm/library/kiyou/2005kokusai-PDF/higuchi3_.pdf

最近、こんなものが話題になっています。「こんなの論文じゃなくてただのエッセイだ」とか、根拠が乏しいとか、非科学的と思う人も多くいるでしょうけど、それでもなお言われてることに耳を傾けるのは有益なことだと思えます。

学校に行きながら節度を持ってゲームをしているつもりでも、準ひきこもりみたいになっていませんか?はっきり言って、僕も学部の頃はまさにこんな感じでした(学部3年までは特に)。単位は落としてないし、ゼミにも休まず参加し、卒論もちゃんとやって卒業してはいるけれど、振り返ってみたときに大学に来たからこそと言えるものは何一つとして残ってません。結局のところ、就職活動もしないで適当に大学院に行って(理由はちゃんとあるけど、就職がめんどくさかったからです)、そこで思い直して今に至っています。

今時、若い年代で格ゲーばかりにはまっている人なんてごく少数です。せっかく大学という場所には色々な人種が集まるんですから、活動の領域を広げて、将来に渡ってお互いにとって利益になりそうな人を見つけ、交流を深めていかなければしょうがないですよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
興味深い話でした。エッセイと論文の区別は出来ませんが。大学生活を漫画やドラマでしか知らないので、驚きました。
ふとした時に「烈風拳」と声が頭の中で聞こえ、気がついたら格ゲーの事を考えている時があります。ゲーセンは避けて歩けても、頭の中は難しいですね。意識的に他の事を考えるようにしています。
taichi
2006/05/07 18:45
格ゲーのことばかり考えるようになってしまうのが、格ゲーの最も恐ろしいところだと思います。やはり、色々な刺激を受けられるような環境に身をおいて、極力格ゲーのことが考えられないようにするのがいいでしょうね。
エキタイ
2006/05/08 01:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
準ひきこもり 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる