続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日も色々思うこと

<<   作成日時 : 2006/06/12 05:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

このブログを今のペースで更新するのは7月末までです(もしくはもう少し前)。こうして好き放題自分の考えることを書いて、公開できるのは今だけですから、かなり楽しんでいます。

ゲームについてはほぼ書ききった感があります。これだけ役に立たないものも珍しいというくらい役に立たないし下らないものでした。しかし、人がゲームに逃げる心理はなかなか面白くて、これを考えるのは愉快なものです。考えてみたら分かりますけど、知力体力に優れて容姿端麗な人がゲームをやるなんてことはありえません。僕も含めて、僕の周りのゲーマー(かなりハードなレベル)にはみんなそれぞれコンプレックスがあります。コンプレックスが全く無い人なんてのは少数でしょうけど、逃避先が揃ってゲームになったのが色々な意味で笑えます。

例えば100円の使い道を考えてみたとき、現実逃避のためとしたならば、文庫の古本を買うことも考えられます。何もゲーセンで無為に1クレジット投入する必要はありません。漫画は微妙な線ですが、文庫はかなり現実逃避できます。でも、それを選ぶ人は極めて少数なんですよね。これは案外興味深いことです。

読書って、物によりけりですけど、名作と言われるものを読む際には、それなりの知的活動が必要になります。テレビで時々出てくる速読なんてもので済ませられるのは、かなり中身の薄い新書か、写真の多い雑誌くらいのものです。凄く抽象的な言い方ですけど、それなりのエネルギーが込められてる本を読む際には、こちらも相応のものを使う必要があるんですよね。活字離れって聞くと、本がつまらない以上に、頭を使うことから逃げる風潮がかなりあるのではないかと思えます(あくまで大学とかで見てる限りで、同時に、団塊の世代とか人のこと言えるの?とも思います)。特に、ゲーム(格ゲー)なんてのはその逃避の最たるものですね。使ってる気になるだけで、実はほとんど頭なんか使う要素がありません(一度、光トポグラフィとかで検査してみたいと思います)。このところゲーム産業全体が下落気味にあるのは、やっぱりただ面白いだけじゃダメだって気付く人が増えてきたからかもしれませんね。

参考:
文藝春秋 会社案内
http://www.bunshun.co.jp/company/index.htm

文庫って書きましたが、文庫は本の最終形態です。基本的に、それ以上に手を加えられることはありません。文庫は、それが評価されたゆえの存在です。100円で手に入る現実逃避の中では最も有効だと思います。本は生まれてこのかた1000年くらい、何十億人から支持されてきてますから、読んでも多分損はないですよ。

僕個人としては、格ゲーの中で「こういう戦法、キャラ、立ち回りが恥ずかしい」とか見るたびに、いい歳になってゲームばっかりやってて本も読まない(自信を持って他人に薦められる本の一冊もない)ことの方が恥ずかしく思えるんですが、どうでしょうか。僕の考えが古めかしいだけだったりして。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
全然そんなことないですよ。それを古いって考える方が可笑しいでしょう。それに古くたっていいじゃないですか。

ゲームは人を作りませんが、本は人を作ります。これだけでも大した違いです。
煙突
2006/06/12 06:25
>煙突さん
僕は古いものは良いものであると考えているので、もし僕の考えが古いと評価されるのであるならば喜ばしい限りです。

本ってのは知恵の集積ですからね。若い人の間にもっと広まってくれたらなって常々思います。
エキタイ
2006/06/12 06:31
私は就活あたりからまともに本を読み始めたので興味がある企業関係の実用書しか読んでいません。ですがこれを機会にもっといろいろな本を読みたいと思っております。
よろしければ有益な(面白いと思える)本との出合い方や選ぶコツを教えていただけないでしょうか。
あなぺ
2006/06/12 22:29
>あなぺさん
僕も適当に興味のあるものを読み散らかしてるだけなので確たることは言えませんが、好きな作家を持つことが大事なのではないかと思います(僕なら三島由紀夫とか)。

それと今はアマゾンのレビューがとても充実してますから、それを参考にしてもいいと思います。本屋では目次と後書き(たまに前書き)を読んで決めてます。

自己流のつもりでも、これは比較的スタンダードな方法なようです。多分、そんなにおかしなものではないと思います。他は、誰かに紹介してもらうとかじゃないでしょうか(僕の場合は友人や教授など)。あまり役に立つことが言えず申し訳ありません。
エキタイ
2006/06/13 01:48
レスありがとうございます。とても参考になりました。
CD選びと同じようなスタンスなんですね。
あなぺ
2006/06/13 21:19
>あなぺさん
そうですね。CDも僕はそんな風に選んでます。
エキタイ
2006/06/13 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日も色々思うこと 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる