続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールドカップに思うこと

<<   作成日時 : 2006/06/25 06:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

日本は大方の予想通りブラジルに負けました。で、これをどう見るか、僕なりの考え方を書き残しておきます(現在は2006年6月23日午前6時過ぎ)。

僕の母親などは、「ジーコは一流選手かもしれないけどコーチとしては云々」と感想を述べます。それはもっともなんですけど、僕はそういう風には思いません。

まず、ジーコのこれまでを振り返ってみましょう。僕はサッカーについて詳しくはありませんが、これまで輝かしい成果を残してきたこと、それは素人が見ても明らかに凄いのだと分かるということ、ブラジルでは実際にそう評価して神とまで言う人が大勢いること(役所にも行ってたとか)、日本にわざわざ来てくれてJリーグを高めてくれたこと、本当は日本語もちょっと話せて気楽に生活できる日本が好きだということ(確証はないですが、そう聞きました)、などなど多くのことを僕でさえも知っています。こういう人が日本のサッカーの監督をしてくれたことには必ず意義があると思います。

恐らく、ジーコはこれからしばらくはあまり良い目では見られません。「ブラジルと違って日本は周囲に気を遣わず自由に歩けるから好きだ」と言ってましたが、もうそれも無理です。となると、彼は両方の居場所を、ある意味では捨ててまで監督を引き受けたわけです。このことを尊重する必要があるのは間違いありません。

で、選手の気持ちを推測します。恐らく、そんなジーコの背中を追いかけながらサッカーをやってきて、ブラジル相手に軽く捻られて、申し訳ない、不甲斐ないという気持ちを強く持っているはずです。その悔しさは、きっとこれから先に繋がります。子供たちやユースの人たちも、「俺が必ずワールドカップでブラジルを破る!」と思いを強くして、邁進してくれるはずです。これは、素晴らしいことです。もしかしたら、あと何十年先か分かりませんけど、僕が死ぬまでに、日本代表が優勝してくれるかもしれないと希望を持つことができます。ジーコという最高の選手がこれだけのことをしてくれたのは、多分、もっともっと先を見越して、日本とブラジルがサッカーで真のライバルにいつかなれる日を夢見てのことだと僕は考えたいです。

もし日本代表を非難するとしたら、その前に冷静になって、ジーコや日本代表があらぬ非難を受ける土台を作ってしまった連中を非難するのが適切です。何か改善案が思いつくなら、批判すればよろしい。僕は、その正体がよく分からないから、ここでこうして不快感を表明しておきます。

ゲームのこと忘れてました。ゲームをやるときもとことん考えましょう。下に僕なりの具体例を一つ紹介しておきます。

参考画像:

これ、何だと思いますか?実は紅茶の葉っぱなんです。普段、ペットボトルで飲んでいるそこのアナタ。「お茶が好き」で止まらないで、もっともっと深いところまで迫ってみましょう。この葉っぱから、作った人たちの労力やマネージャーの知恵、その土台にある文化や歴史など、幾らでも迫れるのです。そしてまた、飲むときは自分の感覚に尋ねてみましょう。例えば、朝、冷たい一杯の水を飲むと、その移動が腸に至り体温と等しくなるまでの動きが如実に分かりますよね(場合によっては吸収の後、尿となって排泄されるまで)?同じ事を、お茶でもやってみましょう。きっと、物凄く有益です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
具体的な人
先日の亀田騒動以来、「談志・陳平の言いたい放題」(土曜午前11時〜12時)を楽しく見ています。 ...続きを見る
続Super Game Page ―悪徳...
2006/08/20 02:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワールドカップに思うこと 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる