続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲーテ格言集

<<   作成日時 : 2006/07/12 03:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どうもこの手の箴言、格言に弱くなってきました。気になったものに付箋を貼ってたら、付箋だらけになってしまいました。この『ゲーテ格言集』の中で、特に気に入ったものを引用します。

引用元はこちらです。興味を持たれたら、書店で購入してみてください。若い時期にこういうのに触れるのって、多分、大事なことだと思います。

ゲーテ格言集ゲーテ格言集
ゲーテ

新潮社 1952-06
売り上げランキング : 3533
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・女の流す涙が多かろうが、少なかろうが、それで海の水かさが増すわけではありません。

・人類ですって? そんなものは抽象名詞です。昔から存在していたのは人間だけです。将来も存在するのは人間だけでしょう。

・空はどこに行っても青いということを知るために、世界をまわって見る必要はない。

・天国にひとりでいたら、これより大きな苦痛はあるまい。

・いかにして人は自分自身を知ることができるか。観察によってではなく、行為によってである。汝の義務をなさんと務めよ。そうすれば、自分の性能がすぐわかる。

・素材はだれの前にもころがっている。内容を見いだすのは、それに働きかけようとする者だけだ。形式はたいていの者にとって一つの秘密だ。

・詩なんてものは、傑作であるか、さもなくば、全然存在してはならない。最上のものを作る素質のないものは、芸術を断念し、その誘惑に対してまじめに警戒するようにすべきである。

・君の値打を楽しもうと思ったら、君は世の中に価値を与えなければならない。

・考察においても行動においても、到達し得るものと到達し得ないものとを区別しなければならない。そうしないと、生活においても学問においても、効果が上がらない。

・われわれは、無常なものを無常でなくするためにこそ存在しているのだ。

一番気に入ったのはこれです。

「わしの精神で最高のものと最深のものを捕らえ、人類の幸福と苦痛をこの胸に積みかさね、わしの自我を人類の自我に拡大し、人類そのもののように、わしもついには破滅しよう」

まるでFF5のラストみたいですね。こうしてみると、FFシリーズって含蓄のある言葉が多くて、小学生が触れるのには良かったのかもしれません。想像力を働かせる余地があるくらいの抽象度でしたし、やはり、あの路線で何かRPGを出してもらいたいと思います。

最後に、全然関係ないですけど、JAL123便の事故後の写真です。遺体のものも含まれます。通常、遺族の名誉などを考えると、紹介するのに相応しくはないようにも思えますが、僕は不当に貶める意図ではなく、むしろ最大限に尊重した上で、一定の効果を考えて紹介しております。このことは断っておきます。以前に書いた記事と併せてご覧になってください。

墜落遺体&少しアナウンス
http://liquidmetal.at.webry.info/200606/article_9.html

JAL123便墜落事故(1985-08-12)
http://zeroplus.sakura.ne.jp/v/magazine/index.html


参考:
昭和60(1985)年8月12日JAL123便墜落事故
http://zeroplus.sakura.ne.jp/v/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲーテ格言集 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる