続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS アルバイト

<<   作成日時 : 2006/07/04 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

学生のアルバイトで真っ先に思いつくのは家庭教師です(僕もやってます)。真面目にやったら大して割はよくありませんが、時給が高いゆえに人気なんだそうです。

実は、エントリーシートに「家庭教師」と書くのはマイナスだと言われます。理由は、「若造のクセに先生、先生と呼ばれたら勘違いを起こすからだ」と解説されてることが多くあります。でも、僕はこのネガティブな意見に関してはちょっと疑問を持ちます。

確かに、社会との接点が限られるのは事実で、ほとんど密室でしゃべって時間を過ごすんですが、実際のところはちょっと違います。僕の場合だと、親御さんと話す時間をかなり多めにとっていましたので(依頼するのは彼らだからです)、完全に社会から隔離されていたわけではなく、むしろ、社会と積極的にぶつかっていってました(今思えば)。自分を信用してもらい、親御さんの持つ不安に対してそれなりに受け答えし、同時に、子供を指導しますから、意外に負荷があります。受験生を担当するとなれば尚更です。

そして、子供との関係にしても、「家庭教師=主、子供=従」という単純なものではありません。『星の王子さま』に、相手が実行できる命令しか出さない王様が出てきますけど、こちらとしては、あんな風に子供のキャパシティを踏まえた上で若干の+αを要求することが必要になります。つまり、「子供に支配され、何が問題なのかを教えてもらう」要素が大きいのです。よく教師が「教えることでもって逆に教えられる」なんて言いますけど、僕からすると、何もかも全面的に教えてもらっているような感覚です(親御さんと話すときも同様)。

ところで、山本五十六は、自身の母校で「やってみせ、説いて聞かせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ」と言ったそうですが、この通り実践しないと家庭教師は上手く行きません。世の中も万事この通りでして、こういう当たり前の原理原則を確認する場としては、家庭教師はうってつけです。子供の質問ってのはいつでも本質的ですから、こちらは物凄く鍛えられます。

何が言いたいかというと、変なことに惑わされないで、素直に、「自分はこういう動機でこれをやって、こんなことを得た」と筋道立てて答えられたら何も問題ないってことです。問題があるかもしれませんけど、致命的なレベルにはなりませんよ。「このバイトだから即合格、これは即不合格」のような乱暴な見方は多分してません。とはいえ、中にはあまり社会的に信用されないものもありますし、そういうのを強引に屁理屈で立てようとすると必ず失敗しますから、止めた方が無難だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
政治家,セクハラ教師&医者
先生と呼ばれる職にろくなものがありませんw
原稿あがんねー
かやまん
2006/07/05 02:55
>かやまん先生
お疲れ様です。でも実際には先生先生って呼ばれ続けておかしくなる人もいるんですよね。
エキタイ
2006/07/05 12:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルバイト 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる