続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS マルドロールから思ったこと

<<   作成日時 : 2006/08/05 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

全てが偽装で成り立っているとしたならば、その根源にあるのは、恐らく、人類がまだ見ぬ重力子なんでしょうね。これこそが、きっと、宇宙の起源なんでしょう。つまり、他の全ての存在と同様に、僕自身も、重力子が偽装するために選んだ服の一種ということか。

ところで、検索してみたら、「重力子爆弾が世界を焼き尽くした後の話」なんてのが幾つかSFとして紹介されていましたが、こんなものが炸裂したら、多分、全部消えて無くなって、新しい宇宙が生まれてしまうんじゃないでしょうか?再生してしまう、と言った方が良いのかもしれないけど、ロクなことにならないと思います。

そうそう、『マルドロールの歌』の映画化が絶対に不可能と書きましたが、同じ精神を備えた音楽、ある種の超音楽なら、この日本にあります(ありました)。それは、“MALICE MIZER(マリスミゼル)”です。中学生の頃になんとなく惹かれたこの音楽が斯くの如きものを潜ませているとは、全く思いもしませんでした。多分、着想は、この『マルドロールの歌』から得ています(もちろん、越えていますし、越えようとする意思もビシビシと伝わってきます)。大体、“MAL”ってのは悪だしね(しかも、これでもかというほど古典を踏まえてるのが、これまた共通してます)。ま、本当に着想を得てるか否かに関わらず、僕はこの中に、マルドロール性を見出します。いつか、MANA様のお目に掛かりたいものです。それにしても、こういう風に、既存のものを突き抜け過ぎてしまうと、その真髄が理解されずに化石になってしまうのが残念でなりません。彼とも彼女ともつかぬMANA様が化石になってしまう前に、何としてでも掘り起こしてみせます。

ふと、またもや、こんなことを思いました。可能ならば、マルドロールを越えた者同士で何かできないものでしょうかね。いや、これをやってみせるのが僕の使命か。これは、やりがいがありますよ。底知れぬやりがいがね……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大袈裟なアニメ
機会があって、『涼宮ハルヒの憂鬱』というアニメを見ました。とても面白かったので、ここから思ったことを書き並べてみます。 ...続きを見る
続Super Game Page ―悪徳...
2006/08/31 22:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マルドロールから思ったこと 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる