続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 「嫌いな言葉」を一つ、短めに……

<<   作成日時 : 2006/08/03 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

ちょうどいいタイミングで、僕が嫌いな言葉を思い出しました。「客観」って奴ですよ。学問研究においては多用されるし、この言葉に何か美徳めいたものがあるらしいんですが、全くクソつまらないと思います。こんな言葉を連呼されたら、「我慢できないッ!ビクビクンッ!」って心の中で叫んでしまいます(大げさか)。

僕としてはですね、ずーっと見る側だけに留まるならば、「客観的」という言葉を愛するのも悪くはないと思うんですよ。「俺こそ客観だ!こうすれば客観に近づける!」なんて態度はなかなか可愛いと思います。しかし、書く側がそれを言い出したらいけないと思います。なぜなら、「俺という一個人は、俺自身の中に客観性があるはずだと信じ続けているッ!」って、まさに主観そのものを語ることになるからです。これは、僕からすると矛盾に見えます。少なくとも、僕が「客観」という言葉を使う際には、このような矛盾を無自覚に起こさないようにすることだけは気をつけています。

そうですね。何が「そう」かはさておき、裏にある意図を考えてみましょう。もし、本心から「客観」とか「客観性が必要」とか言ってるのだとしたら、先に述べたような、一種の個人的な希求、全体(という幻想)の中に受け入れてもらいたいというような意図があるんじゃないでしょうか。僕はこのように思います。となると、胎児的だな。胎児が、「子宮に留まりたい」、「子宮こそが全てだ」と夢想してるがごときです。僕が求めるのは幼児性だから、全然違います。この幼児性とは、「やるなら今!」と飛び掛るような貪欲さというか、そんなようなことです。だから、残念だけど、これは見方の相違だからしょうがないです。

とまあ、「客観」だの、前の記事で述べた「確率」だのって抽象的観念を一個人の次元へと持ち込もうと頑張るのは、大いなる誤りだと思います。人間に生まれたんだから、しょうがないですよ。一個人でしかいられません。ゲーテだって、「人類ですって?そんなものは抽象名詞です。昔から存在していたのは人間だけです。将来も存在するのは人間だけでしょう」と言いました。でも、仮に、他の生物に生まれたって同じでしょう(いちいち説明は付けません)。だとしたら、安定的な、地球が壊れても残りうる原子や電子へと分解されるしかないわけで、選択肢は死しかありません。つまり、こういう言葉が好きな人ってのは、死への憧れや現世への諦めに苛まれてるってことなのかな。本当のところは分からないですけど、本心からこれらの言葉を愛しているのだとしたら、僕にはこのように思えます。見方としては認めても、どちらかと言えば嫌いです。生きてるうちは、生きてることとその意味を追究したい限りです。ああ、だから僕も太宰が嫌いなのか。ああいう態度が誉めそやされるのは、分からなくもないですけど、「お願いだから勘弁してくださぃ……」って思います。顔文字なら、(><)ってとこです。


参考:
文学ってどうでもいいことを小難しく書いてるだけじゃん
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1154603457/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
具体的な人
先日の亀田騒動以来、「談志・陳平の言いたい放題」(土曜午前11時〜12時)を楽しく見ています。 ...続きを見る
続Super Game Page ―悪徳...
2006/08/20 02:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやあすげぇ鋭い意見だと思いました。(同時に耳が痛いですが)いわれてみれば本当にその通りで、いかに「客観的」な意見を述べてるようでも結局は自分の好みを言ってるだけってのがよくありますよね。個人的には最も「客観的」な意見というのは、自分のソレに対する長所を以下にうまく伝えるかな気さえしてます。(辞書的な意味ではかなりズレてしまうんですが)お目汚し失礼しました。
クリンスマン
2006/08/04 08:14
>クリンスマンさん
レスありがとうございます。「客観的」とか「一般的」ってのも変な言葉ですよね。「本質的」も僕としては同じだと思ってるんですが、どうも多用してしまいがちになってます。

多分、クリンスマンさんの言うように、最も客観的な意見や態度とは、自分の中にある主観に最大限に気付いた上で生成されるものでしょうね。そんなわけで、両方に気付いた上で行動したら間違いは減少するのではないかと思います。
エキタイ
2006/08/04 08:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
「嫌いな言葉」を一つ、短めに…… 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる