続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS テレビ番組比較

<<   作成日時 : 2006/09/27 13:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

テレビ番組の中には似たような型のものがよくあります。恐らく、その型を使えば大きく外さないで済むという事情からでしょうか。ちょっと比較してみます。

今、正統派の見させる番組の中で一番流行っているのは、ある分野で活躍する人に話を聞くスタイルのものだと思います。僕自身もこれを面白いと思っています。そこで、元を辿ると『プロジェクトX』に到達するであろう番組群を幾つか並べ、寸評を書いてみます。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)
http://www.nhk.or.jp/professional/index3.html

テーマの掘り下げは最も深く、CMが無いために集中してみることができるのも良い。また、取材対象が他とは異なり、かなり多分野に広がっている点も注目に値する。気になるのは茂木健一郎氏の素人っぷり、司会とゲストを厳然と隔てるV字型のテーブルの2点。

『トップランナー』(NHK教育)
http://www.nhk.or.jp/tr/

テーマの掘り下げは及第点。取材対象は芸能寄りで、どちらかといえば華やかな人が多いため、『プロフェッショナル』とは対照的。ただし、スタジオの空気が御通夜のように重く沈んでいて勢いが無いことに問題あり。見てると眠たくなることが多い。

『R30』(TBSテレビ)
http://www.tbs.co.jp/program/r30.html

テーマの掘り下げと扱うゲストはそこまで突飛でもないが、番組自体のセンスと切り込み方の新奇性は特筆に値する。くつろいだような穏やかな雰囲気のためか、ゲストが心を開きやすく、トークにも勢いがある。ブラックユーモアも効いており、この手の番組の中では恐らく最高の出来。

『カンブリア宮殿』(テレビ東京)
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

テーマの掘り下げは浅く、ゲストの人選も政治経済に偏っている点は気になるものの、質問内容が凝っており、他の番組とは違った色合いがある。いささかVTRが長いのだけが問題。『プロフェッショナル』と『トップランナー』の間のような性質で、落ち着いて見ることができる。

これらは、ほとんど同じ構成の番組です。ゲストの紹介があって、適当にスタジオで歓談して終わりです。すると、最も重要なのは制作統括者の個性そのものになるのだと思います。キャスティングやらなにやらでもって自己表現しているわけで、番組を見ながらその彼らの心の内に迫って行くような見方をすれば、ただ見るよりも遥かに楽しめます。テレビも、今やただ付けっ放しにして受動的に見るだけではなくて、自分の好きなように録画して編成し直すこともできるようになってきています。似たような番組が多いと非難するのではなしに、どこが似ていてどこが違うのか比較して楽しむ方が、より生産的なのではないかと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テレビ番組比較 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる