続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 今になって見えたもの

<<   作成日時 : 2006/10/18 13:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高校生を教えている関係で、「国語便覧」を見る機会がありました。それに対しての不平不満を書きます。

これ、正直ちょっとおかしいですよ。あからさまな偏りがあります。特に三島由紀夫のくだりなどは異常です。引用してみます。

「伝統文化へ回帰した『日本浪曼派』の影響を受け、高貴な精神は低俗な現実の前に滅ぶという意識を持ち、『滅び』を美化し始めた」

ここからは明らかに高校生を三島由紀夫から遠ざけようとする意識を感じます。わざと字義的に三島作品や論考を読めばこうなりますけど、三島の場合には強いダンディズム(やせ我慢)を逐一示しながら議論を進めていますので、こう解するのはおかしいのです。このような書き方は、勝手に自分の批評にでも書けば良いものであり、高校生向けの文章で断定的に述べられるべきものではありません。「伝統文化を重視した。高貴な精神を表現するために現実の低俗さを対照させた。美が最も高まるのはそれが滅ぶ瞬間であると考え、それに基づいて作品中で美を表現した」くらいが妥当だと僕は思います。これらに因果関係を勝手に設定しちゃったらいけません。ホントに学者が書いてるんですかねコレ。

サドもバタイユもジュネもいないフランス思想なんて全く異常です。日本の作家を扱う際も、東大京大出身の場合にはご丁寧に学歴を書いておいて、その他は書かないってことからも、どうも臭い意識を感じます(岩波書店っぽいものを想像してください)。逆に、パトスだのペーソスだのニヒリズムだの観念だのって術語へのご丁寧な解説などは不要です。こんなものを含んだ文章が出たら註がつくのは当然です。それに、こんな語ばかり使った文章を高校生が生産しても無意味です。

それにしても、若いうちに読むべきものって何でしょうね。『不道徳教育講座』でも勧めればいいんでしょうか。『ロシュフコー箴言集』でもいいか。実を言うと、僕がこうして読書し始めたのは、つい最近のことなんです。変なものは読まずに古文と漢文だけやるのが正解なのかもしれません。ここがしっかりしてたら何でも読めますからね。記憶力が充実してるうちにやっちゃった方がお得です。

ちなみに、三島作品は日本以上に海外で愛されていますので、読むとお得です。


関連:
様式としての「2ちゃんねる」!?
http://www.sbbit.jp/article/2938/

言いすぎのような気もしますが、ああだこうだと言ううちに物事は見えてきます。また、言葉には遊びの側面も往々にしてあります。ニュー速の愛好者からすると(VIPや速報+ではないので絶対に混同しないでください。VIPはまだしも+は工作員だらけで見てられません)、この記事で述べられているような側面は楽しみの少なからぬ部分を占めていると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今になって見えたもの 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる