続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 硫黄島ブーム?

<<   作成日時 : 2006/12/09 14:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画の好評を受けてか、硫黄島ブームとでも言うべき現象が起きつつあるように感じます。

以前、『父親達の星条旗』の感想を書きましたが、あの旗は2回奪還されてるんです(『週刊文春』でも触れられています)。2回目に至っては血染めの手製日章旗ですから大変なものです。僕としては、作り物の英雄に苦しんだ人々も価値があると思いますが、鉄血山を覆て山形改む如き擂鉢山に日章旗を打ち立てて果てた壮烈な有志の存在には、もっと価値があると思います。

硫黄島には他にも数多の物語がありますから、これから先、様々な切り口での作品が生まれることでしょう。

十七歳の硫黄島十七歳の硫黄島
秋草 鶴次

文芸春秋 2006-12
売り上げランキング : 3270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『十四歳の母』なんてありがちなテーマより(小学校の校長曰く「小5くらいの妊娠は表に出てこないだけで、在任中に1度は経験する」とか)、『十七歳の硫黄島』の方が断然意義深いと思います。


参考:
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=en&q=%E7%88%B6%E5%B3%B6&ie=UTF8&t=k&om=1&z=18&ll=24.749243,141.288187&spn=0.002105,0.005332&iwloc=addr
父島から南下する形でサーチしたのでこうなりました。映画の影響なのか、かなり解像度の高い航空写真を見ることができます。千鳥ヶ浜の方に移動すると艦船の残骸があったり、今も戦いの名残があります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
硫黄島ブーム? 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる