続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書感想文

<<   作成日時 : 2007/02/03 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ネタにして何か書くほどではないけれど、何も書かないのも勿体無い気がするので記録的な意味を込めて書いておきます。

なぜヒトの脳だけが大きくなったのかなぜヒトの脳だけが大きくなったのか
濱田 穣

講談社 2007-01-19
売り上げランキング : 38540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
要約すれば、「人間の脳が脂肪をエネルギーとして要求する」となります(なんせ筋が不明瞭で読みづらい)。脳とその出先機関としての目や手足の発達により、脂肪が獲得しやすくなり……と、スパイラル的に進んで行ったという仮説を筆者は提示しているのだと僕は思います。見方を変えてみると、生物は脂肪によって弄ばれてると言うこともできるのかもしれません。

ドキュメンタリー 私の現場―記録と伝達の40年ドキュメンタリー 私の現場―記録と伝達の40年
相田 洋

日本放送出版協会 2003-12
売り上げランキング : 122149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
テレビがどのようにして作られてきたのかが分かります。と同時に、「あるある」で問題となった点は、どれも本質的には演出の中に位置付けられるということも分かります(「あるある」は程度に甚だしく問題)。具体的な番組が取り上げられているのに映像を見ることができない点がやや残念ですが、「東京に核兵器が落ちたら」に関しては、最もメインのシーンをyoutube(ニコニコ動画)などで閲覧可能です。以前に紹介したこの本と比較対照することで、テレビの世界を垣間見ることができるのではないかと思います。テレビをただ見るだけじゃ物足りない方にはうってつけです。

僕がテレビ屋サトーです -名物ディレクター奮戦記- 『ビートルズ』から『はじめてのおつかい』まで僕がテレビ屋サトーです -名物ディレクター奮戦記- 『ビートルズ』から『はじめてのおつかい』まで
佐藤 孝吉

文藝春秋 2004-01-29
売り上げランキング : 245507
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最前線を走り続けてきた人が後世に渡そうとするバトンのような役割を持った本は、身の引き締まるような読後感を与えてくれます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書感想文 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる