続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 放尿

<<   作成日時 : 2007/02/07 21:03   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

また今回も読書感想文です。

美と共同体と東大闘争美と共同体と東大闘争
三島 由紀夫 東大全共闘

角川書店 2000-07
売り上げランキング : 62903
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こういった学生運動のようなものが盛んになったということが信じられません。僕から見た感じでは、このトークセッションは、超一流の頭脳同士が「言葉の意味とは何ぞや?」というテーマに関して考察を繰り広げたように感じますが、似たようなことが現代に起きることはまずありえないと思います。それだけ時代が変わったか、そもそものエネルギーが減少したのでしょう。映像の一部は以下で参照することができます。

三島 vs 東大全共闘
http://www.youtube.com/watch?v=3dKnQ63iUSc

語彙が良く分からないし、当事者の問題意識も理解できませんが、緊張した空気感を味わうことだけはできました。

ところで、興味深いことが巻末エッセイに書かれていました。それは、「解放区」と排泄の関連性です。僕が熱を入れていた対戦格闘ゲームも、ある意味では解放区なわけですが、僕は常にアイスコーヒーを1杯飲んでから出かけることを習慣としていました。汚い話で恐縮ですが、こうした上で水を飲みながら対戦していると、カフェインの利尿作用も相まって、大量の放尿を誘発することができるのです。この快感といったらなかなか他では代替できないものでした。この『美と共同体と東大闘争』を読んでいて、案外、放尿による快感が緊張状態を作り出す原動力となっているんじゃないかな、などと妄想を繰り広げました。

もっとも、これは、小学校低学年の頃、放尿のためだけに学校帰りに家とは反対の方向にある大きな公園に女の子と一緒に行ってきたという特異な思い出を僕が持っているゆえかもしれません(女の子の座りションを見て新鮮さを感じたのを覚えています)。何が言いたいかって、それだけ放尿には強烈な象徴的意味合いがあるんじゃないかということです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そういや対戦してる時は尿の出が良かったです
どういう現象でしょうか
尿
2007/02/08 11:08
>尿さん
恐らく、交感神経優位になり、尿を溜める作用が持続するためではないかと思います。「自律神経」で検索すると幾らか参考になるサイトが出てきます。
エキタイ
2007/02/08 15:08
まーそういうこと考えられる知性のある人は少なくなったからねえ.あとは,若いエネルギーを発散させる場が,昔と違って色々なところにできたのもあるかなあ.と年寄りめいたことをいってみましたwwww
かやまん
2007/02/09 02:01
>かやまん先生
小出しにして発散していけるかどうかというのは、意外と大きなことかもしれませんね。それにしても筆談でなしに、普通の対談に近い形でこんなことが議論されていたということには驚きました。
エキタイ
2007/02/09 16:45
これは面白かったです。
そして若者が皆大人に見えました。
りゅう
2007/02/12 22:45
>李さん
若者といってもみな30近かったようです。それにしても今より大分水準は高いように思われます。良い面に関しては見習うべきかもしれません。
エキタイ
2007/02/12 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
放尿 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる