続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 新手の圧力

<<   作成日時 : 2007/03/23 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昔から、内定するとある種の拘束を受けるのが慣わしです。例えば、銀行などでは懇親会などが頻繁に組まれ、他の企業を受けづらくなるといったことがあるようです。それが、昨今ではちょっと変わってきてるようです。

内定者バイト
http://ameblo.jp/shibuya/entry-10028483077.html

こういう形で大多数が見ている場所に貼りだされてしまうと、方々からこの「○○君」が誰なのか特定されてしまいます。これは、「浮気したらこのように晒しますよ」というプレッシャーに基づいた拘束の一形態と考えて差し支えないでしょう。裏で人事部同士が情報を共有する程度のことに留まらず、こうしてオープンにしてしまうのもWeb2.0ならではなのでしょうか。

もっとも、就職活動を恋愛のアナロジーで考えれば、内定を既に貰っているにも関わらず他社を受けるのは不貞行為にあたりますから、採用する側(通常ならばアプローチされる側)にとって不快なのは当たり前とも言えます。しかし、就職活動は恋愛とは別物ですし、ビジネスライクな考え方からすれば、複数を比較してより良いと思えるものを選択するのが合理的です(ちょっとセカンドオピニオンにも通じますね)。また、学生からすれば、普段は入れない会社の中を闊歩し、自分自身に対してのこれまでのどんなテストとも違った評価を得て、時には同年代の中の「デキる」奴と親しくなったりできる特別な活動だったりもします。企業対個人は企業の方が圧倒的に大きいわけですから、学生の自由をある程度は尊重する方が良いのではないかなと個人的には思います。

ちなみに、かくいう僕は、内定集めみたいなことには興味無く、受けた企業の中で最初に内定したところに行くと決めていたので、内定を貰った時点で選考中だった企業は全て即座に辞退の連絡を入れました。よって、この「○○君」みたいなことは起きませんでしたが、就職活動中の方はこういったリスクも認知しておいた方が良いかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
またも突然のコメントで恐縮です。

私もいま就活をしていて、ハンデ要素のカーニバルなので絶望的かと思いや学校の名前が思いのほか以上に強く、大手中堅からリーディングカンパニーまで筆記(1割も解けてない)やESで選考落ちる企業が一個もなく、あれっ?と思うほど順調に選考が進んでいます(付け加えると昔から私はMっ気があり、ストレスを楽しむところがあるのでこれも就活には救いでした)。

しかし、リク面が異常で一週間で4回も招集され持ち駒が大量に破壊されています。今日もいきなり電話で今度本社に来いと言われ、具体的に7社の選考や説明会が潰されました。これで内定が貰えるなら目をつぶりますが、これで内定がなければ特攻をしかける勢いです。

選べる立場ではないのですが、本当に院生A様が仰るように、学生側にも選ぶゆとりを与えてほしいと切に思います。

ある業界では一般のフローは9割がフェイクで、
4月は形骸だけの説明会を開いているところがあるようです。この社会はやや異常です。かなり気持ち悪くなりました…。

拙文、本当に申し訳ございません。
院生A様のこれからの躍進を願っております。
juso
2007/03/26 00:34
>jusoさん
貴重な情報ありがとうございます。

このあたり本当に企業によりけりといった感じですね。例えば僕の場合は、面接がバッティングしてしまうためズラして欲しいと申し出たら快く受け入れて貰えたこともありました。反面、嫌がらせとも取れるような拘束(選考と関係があるようで実は関係ない)を強要した会社があったという話を聞いたこともあります。

幸い、僕の内定先は「採用活動は本来学生生活を謳歌しているべき時期に踏み込んで行っているものだから内定後はできるだけ遊びなさい」といった趣旨のことを言ってくれましたが、仮に形だけであったとしてもこのような気遣いを表明してくれるのが本来の企業のあるべき姿ではないかなと個人的には思います。
エキタイ
2007/03/26 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
新手の圧力 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる