続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当に楽しんでる?

<<   作成日時 : 2006/05/12 02:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゲームって通常は楽しむためのものですよね。格ゲーも例外ではありません。最初にプレイしたときに感じた楽しさをまた味わいたいとか、そういう気持ちで少しずつプレイ時間を延ばしていくのが普通でしょう。そうするうちに、また違った楽しさを感じて……、とどんどんのめり込んでいきます。

しかし、ハードなゲーマーが楽しんでいるかというと、ちょっとそれは怪しいのです。確かに楽しみを求めてやっているのだけは間違いないのですが、あるところを越えるとまるで満たされなくなってきます。満たされないんだけど、満たされそうな気がするからやるということになるのです。そうやってやり込む過程ではもちろん、実力が上がり、大会などでも結果を残せるくらいになっていくのに、全く楽しめなくなります。昔は1勝しただけでも凄く嬉しかったはずなのに、何回勝とうとどうでもよくなってきたりします。でも、やっぱり止められない。

酷くなると、義務的にゲームをする状態になります。集まりがあるから、周りもみんなやってるから自分もやらないといけない、みたいに思ったりします。更に、手遅れになると「大会に参加するのはプレイヤーとしての義務」なんてことを言い出したりします。気軽に楽しむためにやり始めたはずが、楽しみは早いうちに消えうせて、ただの現実逃避に変わり、果てはそれを認めることが嫌なのか、義務としてやっていると思い込んでしまうのです。こうなると、楽しいわけなんかなくて、勝っても負けても不快になりながらやってたりします(台を叩いたりする人もでてきます)。

なんかこの話も脱線してる気がしますけど、つまるところ、本当にゲームを楽しめてる?と格闘ゲーマーを見てて思うわけです。僕は全然楽しんでませんでしたけど、似たような人も多いんじゃないでしょうか。「○○は汚い」、「格ゲーの醍醐味は読み合いなのにどうたらこうたら」、「クソゲーだけど大会があるからやる」なんて言ったことがある人は要注意です(僕はよく「画面くらいもうちょっと見ろ」とか言ってたと思います)。たかがゲームだし、どうせ一人が止めたところで何も変わりません。ゲーセンや格ゲーが消えたって世の中は何も変わりません。少しでもストレスを感じていると自覚があったら、止めちゃった方がいいですよ。僕は、きっぱり止めて楽になりました(1ヶ月に1回くらいはやってますけどね)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当に楽しんでる? 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる