続Super Game Page ―悪徳の栄え―

アクセスカウンタ

zoom RSS 新年

<<   作成日時 : 2007/01/02 11:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

新年おめでとうございます。このブログももうすぐ終了ですが、よろしくお願いします。

色々書きたいことがあっても、修士論文を抱えてる関係であまり書けません。ほとんどが食事、本、映画、テレビの感想みたいなものなのに、心置きなくそれらを楽しめない状況です。これが終わったら、また以前のように高めの頻度で更新していきます。

アクセス解析を見てると、就職活動関連の単語で検索してくる方が多くいらっしゃいます。ここで一つトリビアです。修士の場合、論文が提出できなくて留年することがたまにあります。学部卒の場合、待ってもらえずに内定取り消しになることがほとんどでも(ただし、僕の知り合いには最大手広告代理店で1年待ってもらった人もいますから、諦めずに聞いてみましょう)、修士の場合は待ってもらえるか学部卒の待遇で採用してもらえることが多くあります。ですから、修了と就職活動を天秤にかけるならば、就職活動を重視した方が圧倒的に得です。研究しにきたなんてことは忘れてしまいましょう。

この時期に就職活動をしないで大学院に逃げようと思ってる方は、再三書いてきたように、就職活動をした方が絶対に良いです。文系院に入るということは、+2のハンデを負うのみならず、「就職のチャンスを捨てた」ということをその経歴で示しているに等しいのです。研究者になるわけでもなく、結局、一度捨てた就職という選択肢に戻ろうとする一貫性の無い行動を取ることになります。ひとたびそのような目で見られるようになると、並大抵のことでは跳ね除けられません。こんなわけで、学部で就職活動をしないと逃げのスパイラルに陥る危険性が大ですから、形だけでもやっておきましょう。

いるかわかりませんけど、大学受験を控えた方は、これからまだ多くの学校の試験までは夏休みと同じくらいの期間がありますから、ちょっと必死になってみることをオススメします。残念なことに、世の中では、出身大学(時には高校)と就職先(新卒時の)でもって評価される要素が極めて大なのです。そして、このうち大学に関しては本人の意思でいかようにでもなります。いかようにでもなる部分には最大限の努力を払っても損しません。逃げ場を断って取り組みましょう。


今しかできないことを見誤らないのが大事だと思います。僕の経験上、あらゆる娯楽は逃げません。逃げないから安心して置いておけば大丈夫です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます。
大学院へ行くのは現実逃避とも
言いますけど院卒でなきゃ
入れない会社もあるし、大卒より
初任給もいいので大学院へ行くと
いう選択もありだとは思います。
CHO
2007/01/02 17:45
>CHOさん
理系の場合は修士までは行くのが良いでしょうね。
エキタイ
2007/01/03 00:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
新年 続Super Game Page ―悪徳の栄え―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる